【報告】2021年度第2回全都小学校PTAオンラインミーティング

年度末を控えた3月12日(土) 、2021年度第2回全都小学校PTAオンラインミーティングを開催しました。
当日は、都内16区市町村から33名が参加。
新年度から初めて役員になるという方、会長●年目というベテランの方など、地区もPTAの経験値もさまざまな参加者が、それぞれ関心のあるテーマのフリートークルームに分かれて、質問をしたり、事例を紹介したり、新年度に向けた情報交換を行いました。

フリートークタイムは、1回30分で2回実施。
各ルームのテーマと主な話題をご紹介します。

1 みんなで考えよう新しいPTAのカタチ
・委員会を廃止して、「やらなければならない」から単発1日数時間のお手伝いに。
・制服のリサイクルや広報活動など「やれる人がやれることを」と、無理のない活動にしている。
・PTA活動は、必要だと思うので、「廃止」ではなく「縮小」から進めていくのはどうか。
・PTAへの男性の参加率をあげたい。
・学区MAPを保護者に配布。買い物や送迎の際など、ついでの時に危険箇所などを見守ってもらう。

2 聞いてみよう!気になる他校のPTA ~今更聞けないアレコレ~
・役員や委員をボランティア制にしたPTAの改革の内容を聞きたい。
・入退会届を作っていない。入会意思確認をやっていますか。
・コロナ禍でイベントができていないがどうしていますか
・来年度役員の成り手がいない。少人数で運営するにはどうすればいい?
・PTAの活動をもっと知ってもらいたいが、コロナ禍で活動が少なくなっている。
・全くIT化できていない。ペーパーレス遅れのPTAをどうしていけばよいだろうか。
・地域との関わりはどうしていますか?

3 持続可能なPTA、引継ぎどうする? どうした?
・持続可能なPTA活動を考えるとき、次の会長を探すことはとても重要。
・「親父の会」や「パパの会」等があるとやりやすいが、コロナで親睦を深めにくい。
・イベントをやると、参加者間の関係が深まり、次の会長候補を探しやすい。
・ハードルを下げたらどうだろう?
・周年行事の飲食を無しにしたので、懇親会をしなかった事によって省力化できた。
・長く続く伝統や行事など、時代に合わず必要ないと思われるものもあるが、廃止するとなると、なかなか難しい。

4 あなたのPTAのIT化(デジタルトランスフォーメーションDX)
・利活用が進んでいるPTAと、まだ道半ばのPTAが混在している状況。
・会員(数百名)の個人情報(メールアドレス)を収集してしまうと、管理する責任と更新する手間が発生してしまうため、方法を模索している。有料サービスを利用して実現しているPTAがあるが、まずは無料でどうにかならないか検討中。
・IT 化が進んでいる PTA では IT に強い協力者を引き込むなどの方法を取り、チームで対応している。
・教職員とおやじの会を巻き込んで 「 IT推進会議 」 を定期的に行い、少しずつ IT の理解や利活用を進めていったところ、順調に進んでいる。

5 「都小P」ってなんですか? 質問ご意見大歓迎!
・都小Pからときどき印刷物が届く。いただく情報の中には、いくつか関心を持ったサービスがあったが、組織のことが良くわからないため、都小Pとはどういう目的や思想をもって活動しているのかを知りたくて、全都ミーティングに参加してみた。

6 PTAのネットリテラシーの取り組み(アンケート結果からのギガスクール)
・初めて役員になります。ということで役員とは?
・校長先生がIT化に消極的。懐柔方法についてアドバイスが欲しい。
・児童にタブレット配布されているのに活用ができていない。
・他区の取り組みを教えてほしい。
・HPの活用方法
・役員の男女比率について

■参加者の方々の声を紹介します。

〇情報共有の場として、とてもいいと思う。
〇他校の状況が知れる良い機会になっているので、他の役員にも薦めたい。
〇問題意識を持っている他校のPTA役員の話が聴けて良かったです。
〇悩みどころが一緒なので、単Pにとどまらず、話し相手がいることは良いと思う。
〇さまざまな地域のPTAの取り組みが知ることができて、とても参考になる。
〇PTAは法人でも個人でもないため外注や保険などの契約にとても苦労しますので、都小Pの取り組みは心強いです。

■最後に、担当者よりひとこと

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
新たな発想や気付きなど、活動のヒントになる何かを感じていただけたのではないかと思います。
今後も都小Pでは、東京都のPTA活動の一助となるような企画を考えていきます。
皆さまからのアイディア等も、ぜひ、お寄せください!