都小P提供メールアドレスの活用事例(小平市)

都小P提供メールアドレス([email protected])をP連の連絡用に利用を始めた小平市PTA連合会の事例をご紹介します。

10月半ば、小平市PTA連合会の会長から、次のような突然のメールが届きました。
「都小Pから配布されているアドレスを連合会の連絡に使用することになりました。」
メールアドレスとパスワードがわからない学校があるということなので、早速、都小Pより郵送させていただきました。

11月は、各PTAでの設定などの準備期間とし、12月からは完全移行の予定だそうです。
連合会内の学校同士のやり取りも活性化することが期待されています。

小平市P連会長への電話インタビュー

(都小P)都小Pから提供しているアドレスを連合会で利用いただけるとのこと。経緯を教えてください。

(小平P)先月、今年度初めての会長交流会が開かれました。その時に、各PTAでは、会長さんの個人のメールアドレスを使っている場合が多いということがわかりました。次年度以降も使えるアドレスを持っていた方が便利だと思い、小平市教育委員会にドメインを作れないか相談しましたが、難しいとのことでした。

(都小P)そこで、都小Pが提供するアドレスを使うことになったのですね。

(小平P)はい。既に利用している学校があり、都小Pがアドレスのことを教えてくれました。無料で利用できて、これを使えば、個人アドレスを公開しなくても良いので、いいことばかりです。

=============================

都小P提供メールアドレス([email protected]) ご利用ください
都内全小学校PTAのメールアドレスを設定しています。
今年5月にメールアドレスとパスワードを郵送しました。
ご不明の場合は、再送いたしますのでご連絡ください。
このアドレス宛に、都小Pからの情報メールを送信しています。

=============================