2/17(土) 「東京都小学校PTAリーダー研修会」開催

2月17日(土)「東京都小学校PTAリーダー研修会」が開催
(この研修会は、平成18年度の東京都教育委員会委託事業です。)

この研修では、保護者が、早寝・早起きや朝食摂取の重要性を医学的見地から学び、家庭生活に活かしていくと共に、食の大切さを知る体験や、規則正しい生活習慣の体験を、地域や学校が一緒に取り組んだ事例報告を共有することで、子ども達の心身の健康づくりの活動が広がることを目指し開催されました。

主催:東京都教育委員会
受託:東京都公立幼小中高PTA 連絡協議会
主管:社団法人東京都小学校PTA協議会
日時: 平成19年2月17日(土) 13:30~16:30 【開場:13:00 】
場所: 国学院大学渋谷キャンパス120周年記念2号館2201教室

テーマ:「心と体の健康を作ろう!家庭で、地域で、学校で」

内容:
1. 開会の辞
2. 講演「豊かな人生は、心身の健康から」
講師佐藤和子氏(医師・大塚製薬(株)顧問)

3. PTA「子どもの生活習慣向上への取り組み」実践事例発表
1) 地域の人と作る子どもの宿泊体験の取り組み
(荒川区立汐入小学校PTA)
2) 農業体験を通して子どもの生活を見直すPTA の取り組み
(目黒区立緑ヶ丘小学校PTA)

3) 子どもの生活習慣の確立に向けた総合的なPTA の取り組み
(世田谷区立等々力小学校PTA)

4. 質疑応答
5. 閉会の辞

参加者のご意見です。

・食育でキレない子どもにやる気のある子どもにと、食の時間管理の大切さも知りました。

・合宿通学、農業体験も食にからむことになりますし、地域との連携もかかせません。でも農業体験は親達が朝5時半に車で子どもを現地に五時間かけて送るそうです。なかなかできないことですよね。

・等々力小は学級代表委員会からの発表で学校による仕事分担の違いに驚きました。