東京都小学校PTA協議会とは

東京都小学校PTA活動を通して、東京都における社会教育、家庭教育の充実をうながすと共に、 学校教育との連携を深め、青少年の健全育成の増進をはかり、もって社会の発展に寄与することを目的とする団体である。

 

 東京都小学校PTA協議会が目指しているものは?

都小Pは、大きくは次の2つの役割を果たすべく、役員会・理事会・会長会・委員会活動を通じて努力していきます。

教育行政に関する意思決定主体の多層性に対応したPTA組織としての役割

学校という現場は、さまざまな「人」や「機関」による意思決定結果の複合体です。

  • 担任・学年の先生が決めていること
  • 学校として決めていること
  • 市区町村・教育委員会が決めていること
  • 都・教育委員会が決めていること
  • 国・文部科学省が決めていること

教育行政の意思決定の多層性に対応したPTA組織が必要になります。
学校現場でさまざまな意思決定を統合し、日々の教育活動に繋げていくのが校長先生をはじめとする学校の方々の仕事ですね。
それらをサポートをするのが単位PTAの大切な仕事のひとつです。
学校と単位PTAの協力関係や「協働」と同様に、市区町村P連や都小P、日Pにもそれぞれ職務があります。
簡単に図(クリックして表示)にまとめると次のようになるでしょう。
各層で意思決定とその円滑な実施を支援する、それがPTA組織の役割です。
都・教育委員会は先生の採用や研修、管理職任用など子どもたちに直接影響が及ぶ重要な意思決定をしています。
都小Pとして真に子どもたちのためになることを考え、都・教育委員会の立案・実施を支援していきます。

市区町村P連のための情報(ノウハウ)の集積地としての役割と、日P活動を支える役割

単位PTA活動で迷ったとき、困ったとき、地区のPTA連合会の場を使い、他の単P会長さんたちの意見を聞くことで解決につながることも多いと思います。
都小Pも、各市区町村PTA連合会に対し、情報(ノウハウ)を集積し、情報交換の場を提供していきます。 情報提供や情報交換の場は、会長会であったり、このWEBページであったり…忙しい中での地区PTA連合会活動を支援します。 市区町村層ではさまざまな改革が進行中です。

  • 完全週休2日制のもとでの子どもの健全育成
  • 新学習指導要領のもとでの新しい教育
  • 少人数学習集団の編成と教員数の弾力化
  • 学校の規模や配置をめぐる、整理統廃合を含む動き
  • 給食民間委託等、地方財政逼迫による教育予算配分の変化 etc

都小Pは各市区町村のPTA関係者が集まる場です。ですから情報やノウハウが蓄積します。
同じ東京でも市区町村によって教育行政はかなりバラエティーに富んでいるのですから。
他の市区町村はどうしているのだろう?そんな疑問を持ったらまず都小Pへ。
情報を1から集めるには時間とコストがかかります。そんなときに利用できる都小Pを目指します。
会長会は参加自由です。もちろん都小Pに未加盟であっても。
閉ざされた組織から開かれた組織へ。 都小Pは「情報」集積のメリットを最大限に地区P連活動に生かしていただくため、大きく変わり始めています。 日本の首都・東京として、日P活動を支えていきます。
前述の図(クリックして表示)のように、 子どもたちへの教育にとって、日Pの役割も重要であると都小Pは考えます。
日Pへの役員等の人的貢献、日Pの活動の支援を通じ積極的に参加します。
日Pという場を通じて他道府県の発信の情報を収集、地区P連活動のためにフィードバックしていきます。